ウインタースポーツの思い出

バンクーバー五輪始まりましたね。普段はスポーツ観戦は全くと言っていいほどしないのですが、オリンピックは何やかんやで結構見て楽しむほう。

ウインタースポーツは大好き!スケートは小学生の頃友達を連れ立って、よく行っていました。小学生は入場料100円だったからねー。

スキーよりも準備がお手軽なのが、嬉しいポイント。スキーはもっぱら授業が中心。雪国では、冬の体育の一環に組み込まれてるんです。

除雪した雪で校庭に雪山を作成、登ったり滑ったり歩き回ったり。そして年2回ぐらいバスでスキー場へ行くのです。遠足より好きで、すごく楽しいイベント!

私はいつも中ぐらいのレベルのクラスでした。上手くも無いけど滑れないわけでも、っていうごく普通な感じ。かっこいいターンは憧れるだけ(笑)

乾季の砂漠状態を改善出来るか

最近気になってるのが、シャンパン酵母で有名なグラスオール。口コミでも素晴らしい保湿力と評判だ。近頃乾燥が始まる年齢に達したのか、肌がカサカサする頻度が上がった感じ。

季節的なモノでしょうと流してたら、そうじゃなかったみたい。何て言うか、表面の水分が蒸発じゃなく、もっと深い場所から枯渇してる感じ。

乾季の砂漠状態を改善出来るか、トライアルキットで実力を試してみよう。結構スピード配送なのね、あれっもう届いたよって驚いちゃった。

ゴールドを基調としたボトルが高級感たっぷりで、リッチな気分まで演出。こりゃあ、すごそうな予感。

あんまり見やすいとは言えない説明チラシを読んで、夜から期待のスキンケアタイムを開始。良い香りに癒される。これは期待してなかったので、大きなプラスポイント。

それよか翌朝、目覚めてからが衝撃的だった。あんなに干からびた状態の肌が、しっとり潤ってる。あー、もっと早く手にするべきやつだね。

すごい高評価ぶりを得るに至った

「え?」ほら、見てよこれ。「何?」ゴートク凄過ぎワロターと、書かれてる!「あーゆー掲示板でしょ。それが?」

分からんの?ドイツ2大メディアから、高評価を得ており、改善されたと大評判よ。「へー。全然知らないけど、凄いのね」

勿論、動画を見てよ。すげープレー思うわ。「ふむ。でも個人的に興味あるのは、AKBの握手問題よ」そっち?どうでもいーよ。

「よくねーわ!アイドルが鋸で斬りつけられ、怪我人出ても問題ない訳?」そーゆー意味じゃ…。ほら、でもね?改善すれば対処可能じゃん。

うん。「改善?どうすれば!?握手会自体廃止等は、絶対駄目。絶対嫌、無理。生き甲斐失われる!」えー、ヲタだった訳?

「あ、自分じゃ無く、友達の話!」嘘吐け!過剰な反応を見せ、誤魔化せる思ったら大間違い!

「ともかく。早急に問題を改善すべく、しっかり対策すべき。だからってガラス越し等は嫌、囚人扱い?面談風?」

卵が間に入り手をつないでいる

赤ちゃんって、みんなプルプルしているでしょ。スキンケアなんていらないもの。

産まれて間もなく脂漏性湿疹とか、大人の顔負けのニキビみたいなやつ出たりするけど、彼らは新陳代謝が活発なせいかそんなに長引かないで、またすぐキレイになるんだから、うらやましい限りだ。

お母さんのお腹の中で羊水に浮いており、この世に生まれ間もないから、潤いはタップリ足りていそうだもの。

必須の私には羨ましい限り。でもだからといって、大人が一日水中にいようがそうはいかないんだよねぇ。

思春期を過ぎた人の吹き出物は脂が多いからではなく、乾燥が原因でなることもあると聞く。

水と油ってよく相反するもののように表現されることが多いけど、よく考えると人の皮膚で共存しているのね。

必要になるのは、そのバランスが崩れた時なんかな?んっちょっと待って、そういえばマヨネーズもそうだ!卵が間に入り手をつないでいるんだけど・・。

そうだ!じゃあ顔の上にそういう役割をするものを塗ってやれば、カサカサにもならないんじゃ?でも、それって何だろう?

まだ一般的に浸透していない

「老化が原因の機能低下、ちゃんと回復させよう!」新しく届いたPOPに書かれていた文字を見つめる。よくもまぁ次から次へと、色々思い付くもんだ。

ファッション、音楽、何の世界でも流行り廃りがあるように、この業界にも確実にそれは存在している。美容なんて好みの問題でも無いでしょうに。

だがやはり女性はそういうものに流されやすく、こうしていかにもな感じに煽れば容易に興味を抱いてくれる。

そしてうちの会社が今回仕掛けるのが、これって訳だ。まだ一般的に浸透していない言葉を使うのが上手い。

知っているものであれば、興味が無いと見過ごすかもしれないが、知らないものだと「ん?」と視線を止めることが出来る。

作ってる方もプロだから、当たり前の事なんだろうけど。そしてこのPOPを貼った翌日から、尋ねてくる人が増えてきた。

声を掛けてくるということは、余程気になっているという事。上手い説明でその気にさせてスムーズにお買い上げ頂く。私だってプロの端くれ。

女性の口コミの力はすごい。こうして世の中に浸透していくのだ。

ずっと物陰から虎視眈々と

今日も、夫が家に帰ってこない。明日も同じだろう。「と思ったが、どっこい。嘘じゃありません、現実!」貴方?何時の間に。

「いやー、ちゃんと在宅してたぜ。お前が呟く瞬間を見計らい、登場するチャンス?を、ずっと物陰から虎視眈々」それに、何の意味が?

「そりゃ、楽しませよう思って」全然楽しくねーよ!心配する女房を馬鹿にし、嘲笑うって最低!鬼畜、外道、糞野郎!

「其処迄?」当たり前。本当に寂しく、仕方なかったんだから、馬鹿野郎。「テンプレみてーな台詞、有難う。今更、罪悪感を感じ、やべーわ」これが現実なら最高だけど。

「え?!」これ、夢でしょ?「は?」嘆く妻。そして驚かす亭主。全部全部、私が思い描く夢だわ。理想の光景。

現実世界の自分、これを寂しくカタカタ打ち込み、妄想に耽る寂しき女よ。「ちょ…俺、お前の想像上の生き物?」違った?「あー、何か滅茶苦茶悲しい」ざまーみろ。